ホテルの公共性とお客様の安全かつ快適なご宿泊を確保するため、宿泊約款第10条にもとづいて、下記の規則をお守りいただく事になっております。この規則をお守り頂けない時はご宿泊のご継続及び館内施設のご利用をお断りさせていただく事もあります。


(1)客室を許可なしに宿泊及び飲食以外の目的にご使用にならないで下さい。
(2)廊下または客室内でアイロン及び暖房用または炊事の火気をご使用にならないで下さい。
(3)窓の施錠操作して開放なさらないで下さい。
(4)火災防止のため、ベッドの上で喫煙なさらないで下さい。
(5)外来客を客室内に招いて諸設備および諸荷物を使用させたりしないで下さい。
(6)館内および客室内の備品をみだりに所定の場所から移動なさらないで下さい。
(7)館内および客室内の器具・備品の現状を許可なしに手を加えたりなさらないで下さい。
(8)館内に次のようなものをお持ち込みにならないで下さい。
   イ、愛玩の動物、鳥類等。
   ロ、悪臭を発するもの。
   ハ、常識的な量を超える物品。
   二、鉄砲、刀剣等。但しホテルが認めたものは除きます。
   ホ、火薬、揮発油の発火または引火しやすいもの。
   ヘ、その他、他のお客様の安全性を脅かす物と認められるもの。
(9)館内および客室内で高声、放歌または喧騒な行為等で、他のお客様に不快感を与えたり迷惑をかけたりなさらないで下さい。
(10)館内および客室内でとばくや公序良俗に反する行為をなさらないで下さい。
(11)館内で許可なしに他のお客様に広告物を配布したり物品を販売なさらないで下さい。
(12)睡眠薬やその他の薬物のご利用により、他のお客様およびホテルに迷惑をおかけにならないで下さい。
(13)館内の宿泊および営業施設以外の場所に許可なく立ち入ったり、立ち入りを強要なさらないで下さい。
(14)未成年者のみのご宿泊は、特に保護者の許可のない限りお断りさせていただきます。
(15)廊下やロビー等に所持品を放置なさらないで下さい。
(16)現金、貴金属等の貴重品はフロントにお預け下さい。それ以外の場所での紛失についてはホテルは一切責任を負いかねます。尚、美術品、骨董品などの品物はお預かりできません。
(17)お預かり品の保管は、特に指示のない限りご出発後7日間までとさせていただきます。
(18)精算はチェックアウト時お支払い下さること。チェックアウト時でなくても、ホテルからの請求に従ってお支払い下さい。
(19)予定宿泊日を延長される場合には、それまでの精算を一旦お支払い下さい。
(20)電話は、客室内電話の他に館内設置の公衆電話もございます。尚、客室よりの電話には施設利用を加算させていただきますので、ご了承下さい。
(21)浴衣、スリッパ等のままで客室からお出にならないで下さい。
(22) 館内および敷地内でお客様に迷惑をかける様な写真撮影は固くお断りさせて頂きます。